1被災地支援 2海外活動

ネパールの首都カトマンズの状況

投稿日:2015年7月17日 更新日:

ネパールの首都カトマンズに到着しました。
DSC06726

空港では税関に止められ、
「これは、USEDだ!友人に届けるだけだ!」と
30分以上交渉し、どうにか納得してもらいました。

3

空港から街の中心部へ。

タクシーから見える風景は、被災地とは思えず、
普通に街として機能しているようでした。

DSC06738 DSC06736

水出さんの 富士山ゲストハウス に到着
壁一面に日本のマンガが置いてありました!
DSC06745

共用リビングにて、今後の計画を立てて
街へ繰り出すことにしました
DSC06747

街を歩くと、所々、地震の爪痕が残っていました
k

瓦礫の前で、商売してる方もいました
a

至る所に瓦礫はあっても
活気があり、人々は日常生活を送れているようでした
z

 

今でも秤を使っています
m

新鮮なお肉も目の前で
t

明日はいよいよラムチェ村へテントを運びます!

-1被災地支援, 2海外活動
-

執筆者:

関連記事

常総市で炊き出し(後編)

台風18号による甚大な被害があった 茨城県常総市にて炊き出しを行いました (前編はコチラ) お好み焼きの炊き出しは好評ですが お待たせしてしまのが難点。 憩いの場になっていたようですが お待ちいただい …

チャリティフットサル for 九州2

今もなお余震が続いている九州への支援に繋げたい… 楽しくフットサルをして、それが支援に繋がれば継続できるのではないか?と考え、 東北、ネパールに続き、九州チャリティフットサルを開催しました。 前回の様 …

台風18号被災地 茨城県常総市へ

9月11日、日本を襲った台風18号。 豪雨による河川の増水のため、鬼怒川の堤防が決壊し 大規模な水害が発生した茨城県常総市に行ってきました。   私たちは決壊した堤防からすぐの 三坂地区での作業となり …

バイエルン・ミュンヘン・ユースカップ2015①

今年3月28日に行われたバイエルン・ミュンヘン 東北セレクションで選ばれた10名がミュンヘンに到着。 (東北セレクションの様子はコチラ バイエルン東北セレクション2015 ) 5月24日に開催される …

ラムチェ村での生活

震災後にトタンで建てた民家を ベースキャンプとし私たちはテントで寝起きしました。 これがお世話になった民家です。 ドアはありませんでした。