1被災地支援

北海道・厚真炊き出し

投稿日:2019-04-14 更新日:

昨年9月に発生した北海道胆振東部地震の被災地・厚真で炊き出しを行いました!

吉川優子さん作ポスター

 

この炊き出しは、トモにロシアへ報告会in東京の募金により実現することができました。ご協力いただいたみなさん!ありがとうございました。
http://smile4nippon.com/tomoroshi/190308tomoroshi

<メニュー1>「鯛めし」
昨年豪雨災害のあった愛媛宇和島から届いた鯛を使いました!
全面協力いただいた「うわじまグランマ」から届いた鯛は、といだお米と鯛と出汁を入れるだけの状態!

地元(厚真)のお母さん達に手伝っていただき、とても美味しい鯛めし8升分が出来上がりました!
 

3杯おかわりした男の子達も!
 

<メニュー2>「みかんを使ったパフェ&みかんジュース」
豪雨災害のあった宇和島吉田から届いた水々しいみかん(ブラットオレンジ)を使ったパフェ
 

5種類のみかんジュース。なかなか飲めない!と大人気でした。

<メニュー3>石巻の小向親子が作る「おくずかけ」
石巻で被災した小向家。ついに74歳のおばあちゃん登場!

そうめんが入っていて、野菜たっぷりホッコリする優しい味のおくずかけ。

「恩返しのため」にいつも全力で参加してくれる小向家です。

<メニュー4>大阪八尾ムーランのケーキ
「嫁が苫小牧出身」なため、自ら協力を申し出てくれた、パティシエ・アッキー。大阪から本格的なケーキが届きました!

パフェかケーキ、どちらか1つを選ぶ形式。みなさん悩んでいました!

<メニュー5>アミューズメント
ソーシャル(精神障がい者)フットサルのリベルダージ北海道の選手とコーチたちによるアミューズメントコーナー!

今までもロービジョン日本代表のトモゾウ選手が熊本の被災地でマッサージをしたり。ブラインドサッカーのおっちー選手が被災した宇和島でブラインド泥出しをしたり。障がいを持つ人、そうでない人、一緒に誰かのために動く。「トモに」が私達の理想です

アミューズメントは子どもたちの遊び場として大盛況でした!

<メニュー6>シロたろしお笑いライブ
「できることをできるときにできるだけ」と言いながら、シロたろしがお笑いで厚真を元気に!!

200名弱の来場者があったとのこと。
ちょんまげ隊長が西日本豪雨災害の久々宇和島の話をしました。
札幌や東京からたくさんのボランティアに参加いただき
平成最後のSmile for Nipponちょんまげ支援隊炊き出しは大成功でした!

炊き出し終了後…社協の方に、厚真の被災現場を案内していただきました。
「山津波」の恐ろしさを目の当たりにしました。

今までたくさんの被災地をこの目で見てきましたが、言葉にならない衝撃。
地震から半年以上が経ちましたがこの状態でした。

私達はまた厚真へ行きたいと思っています。

-1被災地支援
-,

執筆者:

関連記事

令和初スタジアム招待vol.16日本代表戦へ

「 サッカーが被災地にできるコト 」として2011年から15回。サッカースタジアムに被災地の子どもたちを招待しました。被災地の子をサッカースタジアム招待プロジェクト 2019年6月9日(日)令和最初の …

ネパールの首都カトマンズの状況

ネパールの首都カトマンズに到着しました。 空港では税関に止められ、 「これは、USEDだ!友人に届けるだけだ!」と 30分以上交渉し、どうにか納得してもらいました。 空港から街の中心部へ。

チャリティフットサルfor九州1

キャプテン翼スタジアム横浜にて 先月、熊本地震が発生したため “九州のため”のチャリティーフットサルを開催。 「自分たちが楽しんで、それが誰かの為になる…」 がモットーなので、コスプレで盛り上げます

インターハイ出場!熊本国府高校応援チャリティーTシャツ発売!

校庭に椅子で描かれたSOSの文字覚えてますか? 熊本国府高校サッカー部3年の野田拓海くんらが作りました。 詳細はコチラ

常総市で炊き出し(前編)

1週間前に泥出しのボランティアに行った 茨城県常総市へ。 (前回の様子 150919 茨城県常総市へ) お母さんとの約束を守るため、 在宅の方や、ボランティア向けに 炊き出しをやりました。

映画MARCH

映画MARCH

映画MARCH

Act for Nepal

Act for Nepal

Act for Nepal

ちょんまげ隊活動報告サイト
愛媛サポートクラブ