2海外活動

カトマンズからバラビセへ

投稿日:2015年7月18日 更新日:

水出さんのところに集まった支援物資を
カトマンズから、ラムチェ村の麓町バラビセまで運びます。
全部で300kgありジープを2台チャーターしました。

ramuche

バラビセまでの道すがら、
ラムチェ村で自分たちが必要な食料や
お世話になる村人への支援物資を調達。

ちょんまげで店先に現れると、みんな大注目!

DSC06755

DSC06771

お店の2階からも覗き込み、大爆笑
DSC06758

DSC06756

ちょんまげを子ども達に貸してあげました
DSC06775

DSC06781

DSC06782

大人まで・・・!
DSC06787

ちょんまげパワーは世界共通
どこへ行っても Smile が溢れますDSC06764

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

日本人の子ども達が通う
カトマンズ補習校へお菓子を届けました。
(始業前とのことで、先生に預けました。)
日本から遠く離れたネパールの地で、
勉強がんばってください

DSC06754

-2海外活動
-

執筆者:

関連記事

ネパール大地震の支援へいってきます

2015年4月25日 ネパール大地震が発生しました。 私たちはチャリティーフットサルを開催し 後方支援の方向性を固めていました。 150428 チャリティーフットサルin代々木 150509 チャリテ …

バラビセの状況

首都カトマンズから、震源地シンドバルチョークにほど近い ラムチェ村の麓町である バラビセ までは こんな景色を眺めながら車で2時間弱かかりました。 途中、幹線道路が寸断されている場所があり、 四駆のジ …

ラムチェ村へ次の支援は…?

今回のテント支援は、あくまで応急処置です。 テントは何十年も使用できるものではありません。 数にも限りがあり、支援できなかった家もありました。 被災状況、家族構成を村のリーダーにヒアリングし 話し合い …

ラムチェ村での生活

震災後にトタンで建てた民家を ベースキャンプとし私たちはテントで寝起きしました。 これがお世話になった民家です。 ドアはありませんでした。

2016年秋ネパール支援(冬物衣料編)

2015年4月のネパール地震で甚大な被害があった シンドゥパルチョーク郡にあるラムチェ村。 標高1400mにあり、9割以上の家屋が倒壊しました。 縁あって2015年7月より支援に行っています。 今回は …