2海外活動

ラムチェ村での生活

投稿日:2015-07-19 更新日:

震災後にトタンで建てた民家を
ベースキャンプとし私たちはテントで寝起きしました。
DSC06896

これがお世話になった民家です。
ドアはありませんでした。
DSC06897

軒先には保存食であるトウモロコシ
DSC06905

震災前から、お風呂は無く村民は昼間に水浴び。
トイレはも水洗ではありません。
将来的にはコンポストを作りたいと水出さん。

自給自足の生活です。
火を起こしてお母さんがご飯を作ってくれました。DSC07112

貴重なゆで卵・フルーツ・ビスケット
DSC06917

焼きトウモロコシ
DSC07088

私たちのために
貴重な食料である山羊を屠殺し
振舞ってくださいました。
DSC06914

かわいい山羊の目線の先では、屠殺中
自然の摂理です
ありがたくいただきました。
DSC06918

そして何よりも、
お母さんが淹れてくれる濃くて甘いお茶が
とっても美味しい!
貴重な砂糖を使い、絶妙な甘さで
疲れが一気に吹き飛びました。

DSC07071

男性は出稼ぎに出ているので
女性や子どもが働いている姿が印象的でした。

DSC07078

DSC07169

DSC07180

おいしそうに煙草を吸うおばあちゃん
DSC06951

素敵な表情です(^^)
DSC06953

-2海外活動
-

執筆者:

関連記事

カトマンズからバラビセへ

水出さんのところに集まった支援物資を カトマンズから、ラムチェ村の麓町バラビセまで運びます。 全部で300kgありジープを2台チャーターしました。 バラビセまでの道すがら、 ラムチェ村で自分たちが必要 …

カンボジアの孤児院で炊き出し

カンボジアの首都プノンペンにて 孤児院での“ラーメンの炊き出し”へ同行させていただきました。 博多に本店があり、プノンペンにも出店している 『秀ちゃんラーメン』の社長は、 東日本大震災の直後から東北で …

2016年秋ネパール支援(新たな試み)

今回は新たな取組として ピアニカをラムチェ村の学校に届けました。 ピアニカは、現地で弾ける人がいないと なかなか活用できませんが、ラムチェ村の校長先生は 楽譜を見ずに国歌を演奏出来る腕前! 私たちもミ …

バラビセの状況

首都カトマンズから、震源地シンドバルチョークにほど近い ラムチェ村の麓町である バラビセ までは こんな景色を眺めながら車で2時間弱かかりました。 途中、幹線道路が寸断されている場所があり、 四駆のジ …

ネパール支援活動 テント届け隊

ネパールの首都カトマンズから 車で2時間。 麓町のバラビセから登山3時間。 (慣れた人は1.5~2時間) 急勾配な石段を登り 棚田を通り抜けて ふと顔を上げると、隣の山々が見え

映画MARCH

映画MARCH

映画MARCH

Act for Nepal

Act for Nepal

Act for Nepal

ちょんまげ隊活動報告サイト
愛媛サポートクラブ