2海外活動

カンボジアの孤児院で炊き出し

投稿日:2015年3月7日 更新日:

カンボジアの首都プノンペンにて
孤児院での“ラーメンの炊き出し”へ同行させていただきました。

博多に本店があり、プノンペンにも出店している
『秀ちゃんラーメン』の社長は、
東日本大震災の直後から東北でラーメンの炊き出しを行っており、
その意志を継いだプノンペン支店の店長が
月に一度孤児院でラーメンの炊き出しを行っています。

薪と釜でお湯を沸かして麺を茹で、作ってきたスープを温めて
子ども達が大好きなラーメンを手渡しました。

DSC03311 DSC03320

日系など外資が経営している孤児院は、
donationや助成金があり比較的裕福だそうです。

今回訪問したのはカンボジア人が経営する孤児院で、
経営が厳しく、子どもたちが1日2食ご飯と具が少ないスープのみであり、
年齢の割に身体が小さい子が多いため、
秀ちゃんラーメンはカンボジア人が経営する孤児院へ支援をしています。

DSC03322

孤児院とは呼ばれているけれど、実際の孤児は少なく、
育児放棄をした親の代わりに、みんなで共同生活を行いながら、
その孤児院の施設内に学校を作り、教育を受けさせているようです。

DSC03341 DSC03342

子ども達は、施設で勉強した英語を使って話しかけてくれたり(言語はクメール語)
「こんにちは」や「おいしい!」という片言の日本語で、
恥ずかしがりながらも、微笑みながら話をしてくれました。
また、彼らの笑顔に会いに行きたいです。

DSC03350 DSC03360

-2海外活動
-

執筆者:

関連記事

ラムチェ村の子ども達と絶景スポット

ラムチェ村にも元気な子どもたちはたくさんいました! テントを配ってると、集まってきた子ども達 足元は、みんなサンダルでした  歩いていると続々と集まってきます

ネパール支援活動 テント届け隊

ネパールの首都カトマンズから 車で2時間。 麓町のバラビセから登山3時間。 (慣れた人は1.5~2時間) 急勾配な石段を登り 棚田を通り抜けて ふと顔を上げると、隣の山々が見え

2015年を振り返って

2015年Smile for Nipponは様々な活動をしました。 東北支援のみならず、9月に発生した水害支援で常総へ。 4月に発生した震災支援で、ネパールへ。 カンボジアの孤児院支援も行いました。 …

バラビセの状況

首都カトマンズから、震源地シンドバルチョークにほど近い ラムチェ村の麓町である バラビセ までは こんな景色を眺めながら車で2時間弱かかりました。 途中、幹線道路が寸断されている場所があり、 四駆のジ …

ネパールの首都カトマンズの状況

ネパールの首都カトマンズに到着しました。 空港では税関に止められ、 「これは、USEDだ!友人に届けるだけだ!」と 30分以上交渉し、どうにか納得してもらいました。 空港から街の中心部へ。