2海外活動

カンボジアの孤児院で炊き出し

投稿日:2015年3月7日 更新日:

カンボジアの首都プノンペンにて
孤児院での“ラーメンの炊き出し”へ同行させていただきました。

博多に本店があり、プノンペンにも出店している
『秀ちゃんラーメン』の社長は、
東日本大震災の直後から東北でラーメンの炊き出しを行っており、
その意志を継いだプノンペン支店の店長が
月に一度孤児院でラーメンの炊き出しを行っています。

薪と釜でお湯を沸かして麺を茹で、作ってきたスープを温めて
子ども達が大好きなラーメンを手渡しました。

DSC03311 DSC03320

日系など外資が経営している孤児院は、
donationや助成金があり比較的裕福だそうです。

今回訪問したのはカンボジア人が経営する孤児院で、
経営が厳しく、子どもたちが1日2食ご飯と具が少ないスープのみであり、
年齢の割に身体が小さい子が多いため、
秀ちゃんラーメンはカンボジア人が経営する孤児院へ支援をしています。

DSC03322

孤児院とは呼ばれているけれど、実際の孤児は少なく、
育児放棄をした親の代わりに、みんなで共同生活を行いながら、
その孤児院の施設内に学校を作り、教育を受けさせているようです。

DSC03341 DSC03342

子ども達は、施設で勉強した英語を使って話しかけてくれたり(言語はクメール語)
「こんにちは」や「おいしい!」という片言の日本語で、
恥ずかしがりながらも、微笑みながら話をしてくれました。
また、彼らの笑顔に会いに行きたいです。

DSC03350 DSC03360

-2海外活動
-

執筆者:

関連記事

2016年秋ネパール支援(冬物衣料編)

2015年4月のネパール地震で甚大な被害があった シンドゥパルチョーク郡にあるラムチェ村。 標高1400mにあり、9割以上の家屋が倒壊しました。 縁あって2015年7月より支援に行っています。 今回は …

ラムチェ村から下山

2泊3日のラムチェ村生活はあっという間! 日本から持ってきたメッセージ入りサッカーボールは 学校の先生にお渡ししました。 子ども達が蹴って、どこかへ行ってしまう 懸念もありますが…(^^;

ネパールで被災地報告会

カトマンズ在住のユウコさんのご縁で カトマンズにある学校で 東北の被災地報告会をさせていただきました。 子どもたちは 日本で起きた津波の事を知っていました。 そして、カタコトの英語と現地語の同時通訳 …

カトマンズからバラビセへ

水出さんのところに集まった支援物資を カトマンズから、ラムチェ村の麓町バラビセまで運びます。 全部で300kgありジープを2台チャーターしました。 バラビセまでの道すがら、 ラムチェ村で自分たちが必要 …

ラムチェ村の子ども達と絶景スポット

ラムチェ村にも元気な子どもたちはたくさんいました! テントを配ってると、集まってきた子ども達 足元は、みんなサンダルでした  歩いていると続々と集まってきます