1被災地支援 2海外活動

ネパール支援活動 テント届け隊

投稿日:2015-07-19 更新日:

ネパールの首都カトマンズから
車で2時間。
麓町のバラビセから登山3時間。
(慣れた人は1.5~2時間)

急勾配な石段を登り
DSC07263

棚田を通り抜けて
ふと顔を上げると、隣の山々が見え
DSC07250

標高1400mにあるラムチェ村は
雲と目線が同じでした
DSC06909

日本のみなさんから寄付していただいた
中古のテント40個!!

DSC06920
無事、日本⇒カトマンズ⇒ラムチェ村に到着!!

DSC06922

日本語がわかるラムチェ村出身のパネ君と
カトマンズ在住の日本人女性ユウコさん

DSC06939

2人が各家庭の被災状況や家族構成をリサーチします

DSC06950

今回、私を巻き込んでくれた
富士山ゲストハウスの水出さんが取り仕切り

DSC06941

震災から2ヶ月が経つ今でも
自分の家で寝ることができない家族を中心に渡しました。

DSC06943

テントを渡した村人に
ボランティアが1〜2人ついていき

DSC06955

瓦礫の中を通り抜け

DSC06957

各家庭でテント組立教室。

DSC06967

DSC06982

ボランティアはネパール語を話せず
ジェスチャーとカタコトの英語で
一生懸命見て覚えてくれました。

DSC06960

DSC07011

ラムチェ村の家々は石でできていて
セメントで補強していないため、
ほとんど崩れてしまっていました。

DSC06959

収入源である農作業を大優先で
やらなければならないため
家はビニールシートでかろうじて補修し
雨風を凌いでいる家々ばかり

DSC07040

DSC07167

DSC07168

DSC07172

そこで、雨季と寒い冬を乗り越える一時的な処置として
中古のテントを集めて持って行きました。

DSC06961

DSC07012

ご協力いただいた皆様
ありがとうございました!!

DSC07002

-1被災地支援, 2海外活動
-

執筆者:

関連記事

ラムチェ村の子ども達と絶景スポット

ラムチェ村にも元気な子どもたちはたくさんいました! テントを配ってると、集まってきた子ども達 足元は、みんなサンダルでした  歩いていると続々と集まってきます

新春初蹴り!チャリティーフットサル

2016年 新春初蹴り! 晴天に恵まれました。 手を繋いで入場行進! 円陣を組んでキックオフです サッカー少年も 女性も、子どもも フットサルが得意な男性も みんな楽しめるフットサルを目指ししています …

西原村にて炊き出し

先月に続き、1ヶ月ぶりの熊本支援です 先月の様子 熊本市内の避難所で炊き出し&マッサージ隊 熊本市内にて炊き出し2日目 熊本のサッカー少年を日本代表戦に招待 空港から降りて車でお昼の炊き出し場所へ 空 …

ラムチェ村での生活

震災後にトタンで建てた民家を ベースキャンプとし私たちはテントで寝起きしました。 これがお世話になった民家です。 ドアはありませんでした。

ラグビーワールドカップ2015 感謝のハチマキPJ

Smile for Nipponちょんまげ隊は、サッカーのサポーターです。 2014年サッカーワールドカップブラジル大会にて、 東日本大震災で被災した牡鹿半島の中学生4人 をブラジルへ招待しました。 …

映画MARCH

映画MARCH

映画MARCH

Act for Nepal

Act for Nepal

Act for Nepal

ちょんまげ隊活動報告サイト
愛媛サポートクラブ