2海外活動

バラビセからラムチェ村へ

投稿日:2015年7月18日 更新日:

カトマンズからの移動の様子は過去記事にて
(カトマンズの子ども達のSmile コチラ )
(バラビセの子ども達のSmile コチラ )

バラビセ到着し、300kgの荷物を下すと

DSC06836

ラムチェ村の村民が
ポーターをして10人ほど待機していました。

彼らに300kgの荷物を
標高1400mのラムチェ村まで運んでもらいます。
仕事を与えることで収入に繋がり、
且つ支援物資を届けることができます。

DSC06840

重さがだいたい1人30~50kg。
頭で支えて、運びます。

DSC06867

DSC06869

女性でも20~30kgぐらい…

DSC06875

このご家族は、男の子が赤ちゃんをおぶって
お母さんが荷物を運んでいました。

DSC06863

DSC06874

私たちは自分の荷物3kgでもヒーヒーと悲鳴を上げるぐらい
過酷な登山が待っていました…

DSC06894

DSC06895

-2海外活動
-

執筆者:

関連記事

ラムチェ村から下山

2泊3日のラムチェ村生活はあっという間! 日本から持ってきたメッセージ入りサッカーボールは 学校の先生にお渡ししました。 子ども達が蹴って、どこかへ行ってしまう 懸念もありますが…(^^;

ネパールで心を育てる活動をしたい

いま、ひとりの美大生が動いています。 私たちは2015年ネパール地震の後から 現地で様々な活動をしてきました。 美術大学生やのあや は 初めての海外旅行がネパール。 2度めの海外旅行はネパール。 3度 …

2016年秋ネパール支援(新たな試み)

今回は新たな取組として ピアニカをラムチェ村の学校に届けました。 ピアニカは、現地で弾ける人がいないと なかなか活用できませんが、ラムチェ村の校長先生は 楽譜を見ずに国歌を演奏出来る腕前! 私たちもミ …

2016年秋ネパール支援(冬物衣料編)

2015年4月のネパール地震で甚大な被害があった シンドゥパルチョーク郡にあるラムチェ村。 標高1400mにあり、9割以上の家屋が倒壊しました。 縁あって2015年7月より支援に行っています。 今回は …

ラムチェ村の子ども達と絶景スポット

ラムチェ村にも元気な子どもたちはたくさんいました! テントを配ってると、集まってきた子ども達 足元は、みんなサンダルでした  歩いていると続々と集まってきます