1被災地支援 4サッカーのチカラ

熊本のサッカー少年を日本代表戦に招待

投稿日:2016-05-11 更新日:

私たちは2011年12月に牡鹿半島(宮城県)の子ども達を
仙台にあるユアテックスタジアムに招待したプロジェクトから
度々、「その場から出す」ということを目的とした支援を行ってきました。

「未だに余震が続く熊本で、子ども達はストレスを感じている。
それだったら、1日でも一瞬でも、嫌なことを忘れて発散させてあげたい。」

先月、熊本で地震が発生した時に、
真っ先に動いたのが…

津波で家を無くした石巻の子ども達は
チャリティーフットサルを企画。
DSC02998

原発から25km南相馬で活動するマーチングバンドの
子ども達は募金活動を実施。
2募金

石巻の活動費、南相馬の募金を私たちに預けてくれました。

ちょうど5月11日に、熊本の隣にある鳥栖(佐賀県)にて
U-23オリンピック代表の親善試合があったので
熊本の子ども達を招待するプロジェクトを決行しました。
DSC03337

JFAより招待はできないと言われていましたので
チケットはみなさんからの募金により購入しました。
その数はなんと160人分!!

バス5台に分かれてスタジアムに到着。
ゆるキャラのガタゴウロウさんもお出迎え~
DSC03348

今回招待した「太陽スポーツクラブ」の子ども達が
横断幕を作ってきてくれました
DSC03356

サガン鳥栖サポーターで、お寺の住職さんが
150人分におにぎりを用意。
おにぎり

日本代表の応援に来ていた
サガン鳥栖サポーターさんに見送られて
DSC03367

スタジアムに入りました!
DSC03385

いただいたおにぎりと、お菓子を食べながら
みんなで観戦です
DSC03371

前半、私達がいる方に日本が攻めてきて
さらにゴールもあり大興奮でした
DSC03373

愛媛からも募金と寄せ書きをお預かりしました
DSC03400

おにぎりを食べ終わった子たちは、
次々に立って応援を始めました!
DSC03437

一番の人気は熊本出身の植田選手
DSC03427

後から感想を聞いたところ、
ちょうどこの日から1ヶ月ぶりに学校が再開。
久々に大好きな仲間に会い、みんなで来れたことが
何より嬉しかったそうです
DSC03440

試合終了後、選手へ力いっぱい声をかけました
DSC03447

選手がピッチからいなくなったあと、
日本サポーターから沸き起こったのは
「頑張れ熊本」コールでした。
そのコールに「ありがとう」と返す子ども達。
4横断幕

スタジアムの一体感。
サッカーの素敵さを
子ども達は体感してくれたかな。

※この招待についてサッカーキングさんに掲載いただきました
全国のサッカーファミリーから熊本へのエール…

石巻、南相馬の子ども達
その他、全国のサッカーファミリーのみなさんのおかげで
実施することができました。
ありがとうございました!
DSC03355

大成功で終わったと思っていた招待プロジェクト
DSC03460

熊本まで送り届けると…解散場所は益城町。
5益城町

1日でも早く余震がおさまることを願います。

-1被災地支援, 4サッカーのチカラ
-

執筆者:

関連記事

サッカーにできるコト vol.5開催決定!

2017年3月8日 日本サッカーミュージアム1階 ヴァーチャルスタジアムにて あれから6年… 「サッカーにできるコト vol.5」開催します! 入場は無料、【招待メール】が必要です。 一番最後に申込フ …

東日本大震災から4年

2012年から毎年この日に 陸前高田〜福島までを定点観測しています。 4年が経った東北の現状を 写真をもってお伝えします。

FCバイエルン・ミュンヘン 東北セレクション2015

宮城県塩竈市で開催された FCバイエルン・ミュンヘン 東北セレクション 3年連続、運営のボランティアです。      日本でのセレクションは、 岩手・宮城・福島の被災3県の13-15歳の男の …

南三陸町サッカー交流会

南三陸にある伊里前小学校にて、 岡山湯郷ベルに在籍していた中田麻衣子さんと SmileforNipponちょんまげ隊による サッカー交流会を開催しました。 麻衣子さんが教えているラセルバロイの子どもた …

インターハイ出場!熊本国府高校応援チャリティーTシャツ発売!

校庭に椅子で描かれたSOSの文字覚えてますか? 熊本国府高校サッカー部3年の野田拓海くんらが作りました。 詳細はコチラ

映画MARCH

映画MARCH

映画MARCH

Act for Nepal

Act for Nepal

Act for Nepal

ちょんまげ隊活動報告サイト
愛媛サポートクラブ