1被災地支援

台風18号被災地 茨城県常総市へ

投稿日:2015-09-19 更新日:

9月11日、日本を襲った台風18号。
豪雨による河川の増水のため、鬼怒川の堤防が決壊し
大規模な水害が発生した茨城県常総市に行ってきました。

DSC00686 DSC00687

私たちは決壊した堤防からすぐの
三坂地区での作業となりました。

DSC00695

作業させていただいたお家は床下浸水でしたので
そこまで悲惨な状態では無かったです。
鉄線を使って排水管に詰まった
泥を掻き出すという、
一見地味な作業を行いました。

しかし、これがかなり重要な作業です。
排水管が詰まっていると
水道が再開しても流せないから使えないという
ことが起こります。

DSC00727  DSC00718

鉄線の先にタワシをつけ押し進め
シャカシャカして鉄線を引くと、
泥が出てきます。
これを何度も何度も繰り返しました。

DSC00713  DSC00715
骨折中のちょんまげ隊長は倉庫の泥出し
DSC00769

午前の作業を終え、休憩中に
「この家の裏側にいってごらん」と言われました。

そこには目を覆いたくなるような
悲惨な光景が広がっていました
DSC00753  DSC00741

決壊した堤防(超特急で修復中)の横には DSC00746  DSC00752

壊れた家や道路
DSC00751  DSC00755

DSC00743  DSC00757

曲がった電柱やミラー
DSC00750  DSC00747

それでも凛と佇むヘーベルハウス
DSC00766  DSC00765

食器やガスコンロなどが転がっていて
言葉にできない…4年半前の東北を思い出しました。DSC00762  DSC00768

家が津波で流されて、今は仮設住宅で暮らしている
東北に住む仲間も応援にきてくれました。
この状況をどんな思いで見つめていたのでしょうDSC00736

現場では
とても丁寧に、正確に重機を扱ってる方がいました。
みんなで「うまいな〜」って見てたら…

DSC00773  DSC00778

「あの人ね、家流されたの。ほら、青い屋根のね!」
って教えてもらいました。

DSC00776

家は流されちゃって何もすることないから…って。
被災した翌日から作業されてるそうです。

DSC00761

今日作業させてもらったお宅のお母さんは
とても笑顔が素敵だったけど。

「ガスがまだだから、炊事とお風呂がダメ。
避難所の配給は、避難所の人優先。
親戚の家にお世話になるけど
気を遣っちゃうしね」と漏らしていました。

DSC00811

被災から10日。
体力も精神的にも疲れが溜まっていることでしょう。
次回はここで、
炊き出しやろうと思っています!

DSC00816

-1被災地支援
-

執筆者:

関連記事

FCバイエルン・ミュンヘン 東北セレクション2015

宮城県塩竈市で開催された FCバイエルン・ミュンヘン 東北セレクション 3年連続、運営のボランティアです。      日本でのセレクションは、 岩手・宮城・福島の被災3県の13-15歳の男の …

ツン隊長の被災地報告会@愛知県

名古屋にあるオシャレなカフェ グローカルカフェ にて ネパール報告会を開催しました カフェのテーブルをくっつけて、 プロジェクターとスクリーンを設置。

熊本市内にて炊き出し2日目

熊本支援2日目は、広安西小学校での炊き出しからスタートです。 ちょんまげ隊環太平洋統括本部長岡部さん家は 今日も夫婦で参加してくれました。

チャリティフットサル for 九州2

今もなお余震が続いている九州への支援に繋げたい… 楽しくフットサルをして、それが支援に繋がれば継続できるのではないか?と考え、 東北、ネパールに続き、九州チャリティフットサルを開催しました。 前回の様 …

東北チャリティーフットサルin代々木

ACミランサポーターと共催し 東北チャリティーフットサルを行いました!   大雨でも楽しくフットサル!