1被災地支援

常総市で讃岐うどん炊き出し

投稿日:2016-01-24 更新日:

昨年9月、豪雨により鬼怒川が決壊し
大きな水害が発生した常総市三坂地区。

私たちは、泥だし作業をしたり
お好み焼きの炊き出しなど活動してきました。
(過去の活動は→常総支援

今回、海を渡った四国・香川県にある
カマタマーレ讃岐のサポーター有志から
「本場の讃岐うどんの炊き出しをしたい」と
申し出を受け、お手伝いに行ってきました。
詳細は→コチラ

香川での募金活動の資金で
100人前の讃岐うどん、じゃこ天を用意。

香川から来たのは1名。
他はみんな関東からですが、
カマタマーレユニを着て参戦です!
DSC07839

この日は雪予報が変わり晴天となりました!
しかし、強風でガスボンベの火つけに一苦労。
お湯が湧くまで時間がかかり
お待たせしてしまいました。(反省)
DSC07775

その間、私たちSmileforNipponが用意した
「舟和の芋ようかん」『ビスケット』
DSC07742

DSC07727

DSC07729

「コーヒーと紅茶」を提供しました。
DSC07746

とうボラのあやふるは、
ニンジンしりしりを作ってくれました。
(沖縄の料理で、ニンジンを千切りにしてツナ缶と炒める)
DSC07713

ようやくお湯が湧き、はるばる香川から来たうどんの投入です!
DSC07723

DSC07721

15分茹でて、一旦水でしめます(これが美味しさの秘訣らしい)
DSC07733

DSC07753

そして、1人前をザルにいれ、温め直してできあがり。
この作業は、地元の方にも体験していただきました。
DSC07765

じゃこ天、ねぎ、揚げ玉をのせて
だし汁をかけて
出来上がった本場讃岐うどん!
DSC07831

DSC07772

つるつるで、コシがあり、大好評のようです!
DSC07778

DSC07803

DSC07806

そして地元住民のみなさんから
何度も「ありがたい」という言葉をいただきました。

DSC07795

DSC07808

水害から4ヵ月。
いまだに、周辺では取り壊しを待つ家があったり
床下洗浄のボランティアが足りていません。

炊き出し当日も解体作業が行われていた

炊き出し当日も解体作業が行われていた

それでも、報道が少なくなり
関心が薄れているのが現状です。
そんな中、香川県から来てくれたということで
大変喜んでいただきました。

未だに傾いたままの家が残ります

未だに傾いたままの家が残ります

商店は通常通り営業しています。
食事に困る…ということはないと思います。

それでも、炊き出しをすることで
地元の皆さんが集まり、おしゃべりをしたり
美味しいものを食べて笑顔になることが
とても重要だと実感しています。

最後にスタッフと地元の方と
DSC07842

遠く四国の香川県から、うどん炊き出しに
ご協力いただきましたみなさま
ありがとうございました。

-1被災地支援
-

執筆者:

関連記事

インターハイ出場!熊本国府高校応援チャリティーTシャツ発売!

校庭に椅子で描かれたSOSの文字覚えてますか? 熊本国府高校サッカー部3年の野田拓海くんらが作りました。 詳細はコチラ

牡鹿半島【青祭】

2015、16年と全国のフットボール映画祭の募金により 開催してきた「映画館のない被災地でのアニメ映画祭」 昨年までの様子 牡鹿半島開催は、 今年から地元の「商工会青年部」 目黒 繁明 (Shigea …

ちょんまげ屋台村in熊本

今年4月の熊本地震にて、6月11日現在最も避難者数が多い 熊本市東区にある、錦ヶ丘公園にて屋台村を開催。 屋台村は2012年から被災地の子ども達を スマイルにできるよう企画してきました (開催の経緯は …

新春初蹴り!チャリティーフットサル

2016年 新春初蹴り! 晴天に恵まれました。 手を繋いで入場行進! 円陣を組んでキックオフです サッカー少年も 女性も、子どもも フットサルが得意な男性も みんな楽しめるフットサルを目指ししています …

阿蘇にて炊き出し

熊本滞在3日目。 熊本市内から、阿蘇山へ向かいました。 車窓から見える山は、元々は一面緑色だったのが 地震と雨による山崩れの痕跡が… 阿蘇市内牧支所に到着。

映画MARCH

映画MARCH

映画MARCH

Act for Nepal

Act for Nepal

Act for Nepal

ちょんまげ隊活動報告サイト
愛媛サポートクラブ