1被災地支援

ツン隊長の被災地報告会@愛知県

投稿日:2015-10-17 更新日:

名古屋にあるオシャレなカフェ
グローカルカフェ にて
ネパール報告会を開催しました

IMG_5996

カフェのテーブルをくっつけて、
プロジェクターとスクリーンを設置。

お茶を飲みながら、気軽に参加できる
チャリティーイベントにしました。

DSC03764

前半は、東北のお話。

ネパールと名をうって、なぜ東北も?
東北の事は、誰もがニュースで知っています。
同じ日本の東北の映像を通して、
その後にお話しするネパールを
もっと身近に感じていただけるのではと
思ったからです。

津波の映像では
涙を浮かべている方がたくさんいました

DSC03766

後半は7月に行ったネパールの状況について

DSC03782

被災地の大変さ
しかし9割は平常で観光客に来てほしいこと
ネパールの子ども達の笑顔
などなど、あっという間の2時間でした。

講演後は、1人ずつ自己紹介タイムです

DSC03816

ケーキをいただきながら(^^)

DSC03797

地震の前からネパールが好きで
その大好きなネパールで震災が起き
何かしたいと立ち上がり
ネパールの人たちが手作りしているノートを
販売している学生さんにも出会いました

DSC03831

名古屋の皆さんは、
東北の震災後から、週1で。(今は月1で)
牡鹿半島の十八成浜までボラバスを出して
支援している団体があったり。

ボランティアというものに積極的な方が多い印象です。
素敵な方がたくさんいる名古屋で
被災地報告会を開催させていただき
ありがとうございました!

DSC03796

☆★☆★移動☆★☆★☆★☆★

岡崎へ移動して、被災地報告会2本目!

IMG_5997

こちらは、隠れ家という居酒屋さんで開催しました。

DSC03836

こちらでは少人数でしたが、
岡崎市の職員さんや、中日新聞の記者さんが来て下さり
実り多い会となりました。

中日新聞記事↓
CSBBE9pUYAAmWzi

CSBBE8vUkAAK_A-

みなさんに東北とネパールを身近に感じていただき
「1mmでも近づき隊」としてこれからも
日本各地、世界各国で被災地報告会を開催したいと思っております!

被災地報告会とは? のPDFです。

ぜひ、あなたの街に呼んでください!!

最後に…
今回、名古屋と岡崎で企画してくださったのは
国際交流NGO VIVAおかざき!! の長尾さん。

VIVAおかざき!!とは?
日本人住民と外国人住民がお互いのことを知り、理解し、
受け入れていける「多文化共生」の入口となる
様々な活動をされています。

地震が起きたとき、言葉がわからない外国人は
日本人以上に不安だと思います。
その手助けをしたいとおしゃっていました。
これからもトモに、がんばりましょう!
ありがとうございました。

DSC03803

-1被災地支援
-,

執筆者:

関連記事

ネパール支援活動 テント届け隊

ネパールの首都カトマンズから 車で2時間。 麓町のバラビセから登山3時間。 (慣れた人は1.5~2時間) 急勾配な石段を登り 棚田を通り抜けて ふと顔を上げると、隣の山々が見え

ネパールチャリティーフットサルin代々木

ちょんまげチャリティーフットサル with ACミランサポーター 全国各地で、定期的に開催してきた 東北チャリティーフットサル 会費+αの募金から実費をひいて、 東北の子ども達が笑顔になるような活動を …

バイエルン・ミュンヘン・ユースカップ2015①

今年3月28日に行われたバイエルン・ミュンヘン 東北セレクションで選ばれた10名がミュンヘンに到着。 (東北セレクションの様子はコチラ バイエルン東北セレクション2015 ) 5月24日に開催される …

常総市で炊き出し(後編)

台風18号による甚大な被害があった 茨城県常総市にて炊き出しを行いました (前編はコチラ) お好み焼きの炊き出しは好評ですが お待たせしてしまのが難点。 憩いの場になっていたようですが お待ちいただい …

FCバイエルン・ミュンヘン 東北セレクション2015

宮城県塩竈市で開催された FCバイエルン・ミュンヘン 東北セレクション 3年連続、運営のボランティアです。      日本でのセレクションは、 岩手・宮城・福島の被災3県の13-15歳の男の …