1被災地支援

伊達と相馬の合戦綱引きボランティア

投稿日:2015-07-25 更新日:

『伊達と相馬の合戦フェスティバル』
運営サポートを行いました

伊達と相馬の合戦フェスティバル2015

エチオピア支援で出会った
フー太郎の森基金理事長・新妻香織さんの
呼びかけにより昨年に続き行ってまいりました!

新妻さんは、福島県相馬市出身です。
福島第一原発事故の影響で
人が離れてしまった福島・相馬に
「人を呼びたい、盛り上げたい」と
3年前にスタートしたイベントです。

DSC07923

今年は50人近くの高校生ボランティアが参加。
彼らを取り仕切り、盛り上げるのが私たちの役割。

テント設営
DSC07808

DSC07813

のぼりの設置
DSC07820

DSC07823

みんなで協力すると、どんどん進みます
DSC07857

DSC07826

縁日の準備
DSC07827

DSC07841

飲食ブースの看板も手作りです
DSC07853

DSC07856

賞品には、福島県産のお米!!
DSC07835

いよいよ受付スタート!
DSC07886

DSC07887

参加者は100人以上になりました!
DSC07924

子供綱引き
がんばるぞ~!!
DSC08126

小さい子が必死になって綱を引いてる姿…
DSC08116

かわいい(^^)
DSC08112

最後は勝敗に関係無しに握手
DSC08124

一般の部は、友人同士やご家族での参加
DSC07971

DSC08036

ボランティアの高校生も綱引き参戦しました!
DSC07979

DSC07986

そしてちょんまげ隊も(^^;
DSC08048

福島ユナイテッドサポーターの赤アフロも
DSC08049

そして、綱引きに情熱をかけている
消防団や、本気の大人のみなさんDSC08251

DSC08269

DSC08243

腰の使い方が違います。
子供の真剣さにはホッコリしましたが
大人綱引きは、大迫力!!

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

飲食ブースでは、
サッカー日本代表専属シェフ
広野町レストランアルパインローズの西さんが
サムライカレーを提供してくださいました
(1杯100円で、売り上げ全額寄付)
DSC07921

DSC07896

サッカーサポーターが多く集まる
東京・虎ノ門カフェバーHANZのミヨさんが
スイーツを提供してくださいました
(1杯100円で、売り上げ全額寄付)
DSC07920

DSC07919

高校生ボランティアが考えた縁日も大好評。

スーパーボールすくい
DSC07912

DSC07908

射的
DSC07937

DSC07938
撤収も、みんなでしっかり行いました
DSC08315

DSC08320

『伊達と相馬の合戦フェスティバル』
大人、子供、高校生、参加者、ボランティア
みんなで作り上げた素晴らしいイベントになりました!

相馬の皆さんのパワーに
私たちが元気をもらいました!!

また来年も楽しみです(^^)

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

この日、天気が心配でしたが無事にもちました!
終了後、ちょんまげ支援隊の仲間たちは
福島の夕陽に感動しました。
お疲れさまでした

DSC08346

DSC08349

-1被災地支援
-

執筆者:

関連記事

バイエルン・ミュンヘン・ユースカップ2015②

バイエルンミュンヘンの本拠地であるアリアンツ・アレーナにて、FC Bayern Munich Youth Cup 2015が開催されました。 東日本大震災で被害にあった宮城、岩手、福島の子供達で編成さ …

チャリティフットサルfor九州1

キャプテン翼スタジアム横浜にて 先月、熊本地震が発生したため “九州のため”のチャリティーフットサルを開催。 「自分たちが楽しんで、それが誰かの為になる…」 がモットーなので、コスプレで盛り上げます

【告知】熊本でスマイルハートフェス開催

今年4月、熊本で大地震が発生しました。 私たちは「子ども達を笑顔にする。1日でも楽しい時間を作る」活動を行ってきました。 熊本支援の様子 シンガポールにある学習塾「KOMABA」さん からお預かりした …

ネパールチャリティーフットサルin仙台

東北・仙台にて ちょんまげチャリティーフットサルを開催! 4/28の代々木開催に続いて ネパールで起きた大地震への チャリティーフットサルです。 150428 チャリティーフットサルin代々木 フット …

ちょんまげ屋台村in熊本

今年4月の熊本地震にて、6月11日現在最も避難者数が多い 熊本市東区にある、錦ヶ丘公園にて屋台村を開催。 屋台村は2012年から被災地の子ども達を スマイルにできるよう企画してきました (開催の経緯は …