トモにブラジルへ

_企画書_牡鹿の子をブラジルW杯に招待し隊_140422_ページ_1

初めてのお願い

この三年間60回近い支援活動を通して、広く募金を集めた事はありません。
今回ばかりはみなさんの協力が必要です。募金じゃなくても、広報、チャリティイベントへの参加や告知、この為の企画グッズを買って頂く、何か繋がれるといいんですが…

6月14日ブラジルワールドカップ日本戦に石巻市牡鹿半島の中学生を招待します。作文や親の承諾書をつけて、最終的に4人の応募がありました。何人連れて行けるのでしょう?

一年前から準備し、サンパウロ日本人学校の受入れもOK,牡鹿中学の先生とも部活の大会、中間テストのない第一戦ならと内諾頂き。ほぼ旅行代理店も決まり、添乗員も宮城から宮城まで付く予定。スタジアムの送迎も往復バスをチャーターしました。現地在住のポルトガル語が堪能な仲間のサポートもあります。

普通の旅行とは違います

●オリンピック、ワールドカップなど、その時、その場所でしか二度と味わえない感動、興奮、一体感を経験して欲しい
●現地の子ども達との交流や東北に沢山支援してくれたブラジルへ感謝を直接表す
●帰国後は参加できなかった仲間に体験を語る。能田先生の紀行漫画を全員に配布する
牡鹿代表として「世界と東北をつなぐアンバサダー」を担う事が応募の条件でした

4月末までの募金、募金予約、グッズ売上等の見込で何名招待できるか決定します。募金は5月末までねばります。どんな形でも結構です。チカラを貸してください
■沢山の人の協力で実現したら「チカラを合わせればできることあるよね」を行動で示せる気がします。
まずは企画書8ページをお読み下さい。そこから始まります

もちろん、ちょんまげ隊のモットーはこの指止まれ方式なので、止まれない回があっていいんです。気になさらないで下さいね。参加はいつも自由です。また次お願いします。そっと見守ってくださいm(__)m

詳細はコチラ

先に企画書に目を通して頂き、登録フォームを送信してから振り込みをして頂きますよう、よろしくお願いします。

企画書(PDFファイル)
牡鹿半島の子供を ブラジルW杯に招待し隊プロジェクト

協賛登録フォーム
牡鹿半島の子供たちをブラジルW杯に招待し隊プロジェクト 協賛登録フォーム

フットボールのチカラで日本を笑顔に!